プロフィール

神浦 匠
Takumi Miura

神浦 匠
古典緊縛継承緊縛師・捕縄捕縛研究

兵庫県姫路で誕生し幼少期を過ごす。
少年期に関東へ移り現在に至る。

エロティズムからなる緊縛に端を発し縛りに深く興味を持つ、当時活躍されていた、故明智伝鬼氏と出会い、縛りの奥深さに魅了され、師の元で裏方を勤めつつ緊縛の手法を習得する。
以後、数々の縛りの現場を通じ緊縛手法を得ることとなる。

後にSM誌の編集長を経て、グラビア、ビデオなどの媒体や舞台で緊縛指導・緊縛師として活動。
「縛友会」なるSM愛好者の為の組織サークルをプロ・アマ問わず賛同者を募り結成。
初代の総代として故明智伝鬼氏を迎え、神浦匠が主代を勤める。
この頃から縛りに基づく捕縄・捕縛の歴史と研究、保存をはじめる。
緊縛を基調としたビジュアルを紹介する「縛友会」ビデオレーベルを発足。

また、活動初期よりSMアイテムの企画制作にも取り組み、現在ではSM皮革製品製造の「天ノ介」氏とコラボにて鞭や枷などの皮革オリジナルアイテムを提供している。